横浜市会議員大岩まさかず(旭区) 

2015年01月29日 (木)

【在宅医療連携拠点→18区展開へ】

横浜市では、医師会と協働して、在宅医療を担う医師への支援や、在宅介護を担うケアマネージャーなどに
対する医療的支援をする「在宅医療連携拠点」を全区(18区)に開設する計画です。
2015年1月には、旭区を含む市内10区に、新しい拠点が整備されました。超高齢化が進む中、病院と
かかりつけ医を

結びつけ、医療・介護事業者間のコーディネート役となる同拠点の整備を、応援して参ります。

※視察報告書は、先行モデル事業として始まった「西区の在宅医療相談室」

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

ブログ

バックナンバー



facebook twitter
このページのトップへ